御社にいないのかも? 『プロ人材』が入ると、大企業でも変化する。

Aac243df d4e5 4a64 8811 4211094a0251

文化放送「The News Masters TOKYO」のマスターズインタビュー。


今回は即戦力になるプロフェッショナル人材に特化した人材紹介事業を担う株式会社みらいワークスの岡本祥治さん。

外資系コンサルティング会社を退職して起業するも、世の中はリーマンショックに突入。そんな中で得意の営業を生かして、フリーランス人材と大企業の懸け橋として奔走してきた。

フリーランス人材は、日本の働き方を多用にする

フリーランス人材が企業に流入していくと、日本の企業はどうなっていくのだろうか。

タケはプロ人材が及ぼす影響について聞いてみることにした。

「組織に頼らず、自ら働き方を選び、挑戦する人材には、日本の将来をけん引する可能性があると思います。人が影響を受けるのは人です。それまで接点がなかった人も自分の会社にプロ人材が入ってくると、昔ながらの保守的な大企業であっても、影響を受け始めます。『こういう働き方があったのか』と刺激を受け、考え方が変わる人が増えると、多様な働き方が選択肢に入ってくるようになるでしょう」

働き方改革以後に目指すべき働き方とは?

「みらいワークス」が考えるビジネスの「エコシステム」はどういう内容なのだろうか。

「プロ人材の方が、働き方を選択していくためのプラットフォームです。最近、会社を辞めて起業しても、うまくいかなかったら再就職して、時期を見て再度独立するなど、自分のライフステージに合わせて働き方を自由に選ぶ人が増えています。

例えば男性でも『今は子育てで年に4カ月しか働かないけれど、子どもが小学校に入ったら、フルタイムで働きたい』という方もいます。こうした働き方は会社勤めでは成立しませんが、フリーランスを挟めば、実現できます。昔と違い、ライフスタイルを先に決めて、働き方を選ぶ人が増えているんです」

これまで起業や転職は片道切符だったが、今や転職や独立・起業、再就職を同レベル感で選択したい人が増えている。そんな時流を汲み、岡本さんは、プロ人材の挑戦を支えられるプラットフォームづくりを目指しているのだそうだ。

自社でも、働いている人の1/4はフリーランスで、社内リソースが足りない場合には登録者の力を借りている。人材を扱うベンチャーとして、まずは自ら未来の働き方を実践しこう、と考えているのだ。

日本の働き方に欠けている視点

外資系コンサルティング企業での経験があり、多くの企業に人材を提供してきた岡本さんから見ると、日本企業の働き方はどういう風に見えているのだろうか?

「今の日本の働き方改革では、全員が残業禁止だとか、全員早朝から仕事をするとか、企業が社員に対して働き方を画一的に強要する傾向があると思います。本来はそれぞれの社員の価値観に合わせて選択できるように、選択肢を増やすことが改革の本質だと思います。

労働人口が確実に減っていく中、企業が働く人を選ぶ時代は終わり、働く人に選ばれる会社になっていかないと、生き残っていけません。

例えば、副業を禁止する経営者の中には、よその会社に関係すると、引き抜かれるから反対だという方がいますが、これからは他の会社を知っても選ばれるようでなければ、闘っていけないということです。

企業が社員とビジョンや理念を共有し、働き方も選べる、という経営スタンスでないと選ばれない。働き方改革の影響で、日本の企業経営、運営が変わっていく転機になるといいと思います」

「ありがとう」と言われたい、というシンプルな動機から始まった人材紹介事業が時流に乗り、成功を収めた。

ベンチャーの成功は収益よりも、社会的な課題が重要だと言われているが、その典型といえる経営者だった。

フリーランスが評価される時代がやってくる、これまで腕一本で生きてきたタケ小山は、そんな予感に元気が出てくる気がした。


The News Masters TOKYO Podcast 文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:西川文野(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント