100人の代理交渉した団野村氏しか語れない日米プロ野球の違い

C41d2d02 f0e0 4131 b29e 690c5043b1d0

文化放送The News Masters TOKYO「マスターズインタビュー」。

今回のインタビューのお相手は、KDNスポーツジャパン代表取締役でスポーツエージェントの団野村さん。

団野村さんは、1957年生まれの61歳。

プロ野球選手として活動後、エージェントとして活動するようになって25年。

これまで野茂英雄、伊良部秀輝、岩隈久志、ダルビッシュ有など、数多くのメジャーリーガー誕生の裏方を務めてきた。

※「エージェント」とは…プロスポーツ選手に代わってチームと入団や移籍、契約金や契約更改といった交渉事を行うのが交渉代理人(エージェント)。

エージェントというお仕事について

1996年に製作されたアメリカ映画「ザ・エージェント」でも知られるようになった「交渉代理人」。

「映画と実在の交渉代理人は違うのか?」というタケ小山の素人目線な問いに、即座に「全然違う」と答えた団さん。

続けて「映画は2時間で終わるが、我々は2時間では終わらない」と、名言のように語る。

1年間かけて選手との絆を作り、交渉のテーブルに着くまでの情報や資料を知っておかなければならないという。

「エージェントの仕事で大事なのは、労使協定をしっかり学ぶことと、ルールをしっかり理解すること。ルールは我々のバイブル。それに基づいて選手が移動したり、2軍に落とされたり、解雇されたり、更新したり、色々なことが書いてあるので、それをしっかり勉強していかなければならない」と話す。

今まで約25年で100人位の代理交渉をしてきたという団さん。

タケが気になっていた「選手が先なのか。球団から『こんな選手いない?』と言われるのか?」という質問には、様々なケースがあるとしながらも、しっかりとしたまなざしで「代理人になった時に恩師に一番うるさく言われたのが『線を引いた時にどっち側に立っているか』…これを絶対に越えてはいけない。常に選手が一番であるということ」と断言した。

プロ野球とメジャーリーグの違いについて

団さん曰く、大リーグは「野球屋さん」。野球がビジネスで、そこを中心に選手を集めてチームを強くし、競争して勝っていく。

そこへスポンサーやテレビ放映など、お金が集まってくる仕組み。

一方、日本は全くその逆。野球が中心ではなく企業が中心。企業のイメージを大事にしながら、野球が宣伝広告の一部となっている。

力の入れどころが違うのだという。メジャーは選手第一!

だからこそ、日本ではスポーツエージェントは煙たがられる存在であるという。

「日本の野球は日本文化に根差している。スポーツ文化は非常に良いことだが、労働問題になってくると、スポーツなのかビジネスなのかの区分けができていない。特にアマチュアの選手がプロに入る時、バンザイして入って来る。

そこはちゃんとした教育と理解をしてもらわないと、プロに入るとはどういうことなのか、契約書にサインをするとはどういうことなのか、というのが全くわかっていない」と、団さんは語る。

また、「そこに代理人はいない。いないし寄せ付けない。選手にその教育をやると球団側は不利になると思っている。不利ということが結局プロ野球社会を不平等にしている。不平等であるからこそ発展性があまりない」と語った。


野茂英雄の代理人になった時

団さんが初めて日本球界からメジャーリーグへ移籍させた選手・野茂英雄。

選手の意思によってチームと新しい契約をしない、または契約解除するための制度「任意引退」を利用して交渉を行った。

タケ小山は、一番気になっていた野茂さんのメジャー移籍について、「どちらが先なのか?野茂さんが団さんにアメリカに行きたいと言ったのか?それとも団さんから?」と話を切り出した。

団さんは、知り合いを通じてアプローチしてきた野茂さんとお会いして、あれこれ作戦を練ったという生々しい話を披露してくれた。

団さんは、アメリカの状況、情勢を説明し、ルールを2ヶ月位かけて色々と調べることに。

日米間のルールだけではなく、大リーグの歴史は結構古く、労使制度など、選手が辞めてほかのリーグに行ったり、ほかの国でプレーしたりという過去の裁判的な歴史もあり、また、独占禁止法から除外されているなど、そういうことを勉強しながら、どうやったら野茂投手が日本からアメリカへ行けるかを模索した。

やがて、こうやったら行けるかな、という1つのシステムを見つけた。

日米間だけの協約を見ると、「任意引退選手」はアメリカサイドの契約には含まれている。

日本の球団はアメリカで「任意引退」になった選手とは契約できない。

ところが、日本サイドの契約には「任意引退選手」という言葉が含まれていなかった。

そこが1つの抜け道だと団さんは考えた。

調べてみると、かつて西武にいたデストラーデは「任意引退」をしていた。その後、メジャーに戻ってプレーをしていた。
そういう例があったので、これはイケると思ったそう。

メジャーリーグに行くために「任意引退」が抜け道になったわけだが、では、「任意引退」させるにはどうしたらいいか?そこが一番難しかったという。

団さんは、近鉄との交渉の中で、当時は全く日本にはなかった「複数年契約」を要求した。

1994年、野茂さんは怪我をしていてあまり投げられなかった。

それを理由に、フリーエージェントになるまであと6年間、球団側に保有権があるので、フリーになるまで保証してくれと。

近鉄球団に対して「保有権であなたたちは一方的に鎖で繋いでいるのだから、その分保証してください」という論理で話を持っていった。

金額も膨大な金額で、「そんなことできない。これにサインしないなら任意引退しろ」という風向きになってきた。

もちろん近鉄サイドは、任意引退になったらアメリカに行くという話は知らない!

こうして、団さんの考えた「作戦」は功を奏したのだ。」

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。

The News Masters TOKYO Podcast 文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:西川文野(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント