「下町は安い」だけじゃない。dancyu編集長が語る“イーストサイドの歩き方”

8783a234 c40e 42e9 823d df8018a252c0

文化放送「The News Masters TOKYO」のマスターズインタビュー。
食いしん坊で、料理大好き。
将来は(?)漁師になりたい!というパーソナリティのタケ小山が、2017年に編集長に就任した、食の情報誌「dancyu」の編集長・植野広生さんに迫る。

「朝ごはん」を大事にする男はカッコイイ!

「朝ごはんは一日の活力です!」と植野編集長。

「ガッツリ、しっかり食べる。それで元気に一日が過ごせる。元気な男はモテる!(かもしれない)」

現在、月曜日から土曜日まで早朝の番組でパーソナリティを務めるタケも、この意見には大賛成。

「朝からズドン!と元気にいきたいものですよね」

植野編集長がおススメするのは、「機会があったら、ぜひ築地で朝ご飯を食べてみてください」。

観光客にも人気で、早朝からたくさんの人でにぎわっている。築地といえば海鮮丼やお寿司かなと思いきや、「洋食やラーメンをぜひ」。

「大好きでよく行くのは『やじ満(やじま)』という中華のお店。朝から野菜そばとシューマイ半個!を食べます」

「え?シューマイ半個??」と訝しげに確認するタケ。

半個と言っても、一個のシューマイが半分ということではなくて、一皿4個入りが半分の2個で出してもらえる注文の仕方なのだ。

「あ、それはちょっと常連さんって感じでカッコイイですね」と笑うタケに、20年通っているという植野編集長は、こんな風に頼みますと実演してくれた。

「野菜そば、味噌で、辛め。シューマイ半個ね!」

さて、そんな築地朝ごはんが大好きな植野編集長だが、もちろん自宅で朝ご飯という日もある。

どんな朝ごはんを?と気になるところ。

「食パンのトーストです!」という答えに、「意外に普通ですね」と返すタケだったが、ここから「バターの乗せ方」についての熱い語りが始まった。

「バターをどのタイミングで食べるか?溶けかかったときなのか、溶け切る前なのか...」とハムレットばりに悩む植野編集長。

現時点でのベストの答えは「焼きたての熱々トーストにまずはバターを薄く塗る。溶けかけたところに、冷たいままのバターをプラス。溶けたバターと冷たいバターのダブルトーストの出来上がり!」

大声で(ちょっと呆れたように)笑うタケに、重ねるように植野編集長からはこんな言葉が。

「ダブルバターのトーストを食べると、朝からハッピー。自分がハッピーでないと相手をハッピーにできない。相手を100ハッピーにしようと思うと、自分は200ハッピーでないといけない」

思わず「参りました!」とうなるタケだった。

「下町の名店」を知っている男はカッコイイ!

「今、東京のイーストサイドが来てます!」と植野編集長。

これまで渋谷・原宿・六本木で遊んでいた女性たちが「今は、浅草に来ています!」というのだ。

dancyu5月号でも「美味下町」という特集を組んだばかりということで、これまた熱い語りが始まった。

「これまでは『下町は安い』というイメージで語られることが多かったのですが、安いだけじゃないんです。『おいしい』『愛がある』『雰囲気がいい』それに加えてなおかつ『安い』!それが大きな魅力です。『安い』だけが注目されるのは、違うと思います」とキッパリ。

そんな植野編集長が個人的に特におススメする下町は「浅草の観音様の裏辺り」。

商店街のように店が連なっているのではなくて「いいお店が点在しているんです」。

民家の間にポツン、ポツンと店の灯りがともる。一つのお店に通うことで、下町ならではの良さや奥深さに触れることができる。

それを「人情の厚さが違うんですよ」と表現する。

「もちろん渋谷にもいいお店はありますが、下町の人情の厚さは格別。通えば通うほど深いところまで行けるし、仲良くなれる。イコール自分にとっての"いい店"になります」

たとえば、通っているうちにお店の人に顔や好みを覚えてもらえると「今日はこういうお肉があるけど、どう?」というように、おススメしてもらえることがある。

「分かる!そういうのって本当に嬉しいですよね」と共感するタケ。

「ただ、調子に乗りすぎてはいけない。これは、自戒を込めて...」と続ける植野編集長。

「女性を連れて行ったときなどについやっちゃいがちなんですが、常連ぶって『あれ、出してよ』なんて、薦められる前に言っちゃうと、『なんだこいつ、調子に乗って』と思われて、大将の眉毛の左端がぴくっとなって、そんな対応を見ていた女性の眉毛の右端もぴくっ...」

笑わせながらも大事なことを教えてくれる編集長であった。


文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。

The News Masters TOKYO Podcast 文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:西川文野(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント