人気サービスになったが価格は上げない。「家事代行」から全国のお父さんへのお願い

B964cca4 9d58 4978 bb24 787a48558d4a

いつか起業したいと思いながらも、家事と育児の両立は思った以上に大変だった。

そんな経験から仕事に全力で臨めない女性たちに向けて、家事や育児を代行する事業を始めた株式会社タスカジ 代表取締役・和田幸子さんに、The News Masters TOKYOのパーソナリティ・タケ小山が迫る。

(前編:「家事は夫婦で分担できる量ですか? 富士通を辞めて起業した女性社長 」)

タスカジブランドとは?

家事が助かる=タスカジ

働く人も「タスカジさん」と呼ぶ。

利用者が「ウチのタスカジさんはね…」と気軽に話題に出せるように「ハウスキーパー」ではない名前を決めた。

タスカジのサービスはシンプルだ。

インターネット上のタスカジのサイトにアクセスして、ユーザー登録をしたら、1500円/1時間~という安価で、自分のライフスタイルにぴったりな家事を提供するハウスキーパーさんと出会える。


ネット上で完了する手軽さと、ユーザーレビューをチェックして頼む相手を選べる安心感から人気が広がってきた。

詳しい利用方法やサービスは「タスカジ」サイトをご覧いただくとして、昔からある家政婦相談所や既存の家事代行サービスとはどこが違うのだろうか?

利用者が使いやすい価格、安心感

「既存のビジネスモデルよりも安価に設定し、普通の人が日常使いする家事代行をやりたいと思っていました。ある時、海外のハウスキーパーが個人契約だという話を聞き、そうかと。

タスカジのビジネスモデルも、個人と個人がネット上で契約ができる仕組みを提供するもの。こちらは双方の間に入らないようにしています。

サービスの品質管理やスケジュール管理もしないビジネスモデルを選択することで、管理コストが利用者に転嫁されない仕組みができたということです。

さらに、既存の家事代行のモデルでは、人を選べないということもありました。家の中に入って家事をサポートする人なのに、どんな人かわからないのは不安ですから、『スキル』だけではなく『人柄』までわかる方法として、通販サイトによくあるユーザーレビューを採用しました」


働き手のやりがい

タスカジでは、1時間の利用料1500円(最高額は2600円)なら2割の手数料を取るので、働き手には1200円(最高額で2100円)渡るという計算になる。一般の家事代行業と比べても、働き手の取り分は各段に多い。

利用料の設定も「タスカジさん」が金額を設定でき、腕次第で稼げる。いいレビューがついて、人気が出れば、高く設定しても予約が入るという仕組み。

「自営業的に仕事を管理できるし、ビジネスが可視化されているので、フェアで働き甲斐があるようです。契約は個人ベースですから、利用者と対等なパートナーシップで家庭経営するというイメージです。

家事に限らず、自分のスキルと空き時間を売るというビジネスは今後増えていくと思いますが、『タスカジ』が家事代行とか、主婦の働き方の代名詞になるといいと思います」


予約が取れないスター家政婦さんが誕生

最近では「タスカジさん」の中からマスコミに登場するカリスマが登場している。

伝説の家政婦の存在が、仕事のイメージを高め、働き手を増やす一助にならないか、実は人手不足の家事代行業界としても期待が大きい。

カリスマにはどんな人がいるのかと聞いてみると…。

フレンチの料理人でフランス家庭料理の名人や、元は保育園の栄養士で、子どもが喜んで食べる野菜料理を3時間で15品以上作ってしまう人、整理整頓の達人など。すでにレシピ本がヒットしている人もあり、3月には2冊の新書籍が発売になるそうだ。


彼女たちだけではなく、他にも予約がとれないタスカジさんも増えてきた。

ニーズは高まるばかりなのだが、供給が追い付かないのが悩みだそうだ。

「利用者のほうが圧倒的に多くて、人手が足りません。価格を上げてしまえば応募者も増えるけれど、それでは初志と違ってしまう。今は人材確保が大変です。主婦に向いている仕事だと思うのですが」


女性が活躍する社会、これからの家庭はどうなる?

少子高齢化で人口が減り、女性の労働力が期待され、ライフスタイルの多様化が進みつつある。家事の担い手も不足していく中、家庭経営の考え方も変わらざるを得ないと和田さんは言う。

タスカジさんのようなハウスキーパーがパートナーとして家庭に入り、家庭経営をサポートする時代が来ると面白いなと思います。家族形態も、核家族から拡大家族へという時代です。新しいライフスタイルを提案していきたいと考えています。」

ビジネスとしても「家事代行」のニーズは高まるばかりということだ。

和田さんが考えるビジネスは、ただ売り上げを上げるということではない。社会貢献という面でもコミットしていけるという確信もあるのだ。

和田さんが考えるタスカジの役割には、両輪ある。

両輪の一つは利用者、もう一つは働き手だ

「家事代行を利用すれば、家事にひっぱられて仕事が思うようにならないという状況の解決にもなりますし、当然女性の社会進出にも貢献できます。

利用者が増えて一般化すれば、生活も変わると思います。家事は女性がすべきという固定概念が薄れ、罪悪感も軽減されるのではないでしょうか。

両輪のもうひとつ、働き手については、専業主婦は社会復帰が難しいといわれていますが、家事には市場があり、ベテラン主婦の家事スキルは希少で、価値が高いものです。

タスカジのような家事代行が、主婦のスキルを活かしたセカンドキャリアとして一般的になるといいなと思っています。予想外だったのは、働き手のみなさんがすごく楽しそうだということです。

人に喜ばれているという自覚が喜びになり、仕事が楽しくなる相乗効果につながっているんですね」


日本のお父さんに要望

最後にタケは和田さんに、日本のお父さんたちへの要望を聞いてみた。

「働くお母さんたちは、どうしたら仕事がうまくいき、家族や子供にベストか、常に考えているんです。一人で抱え込んで悩んでいる人が多いので、奥様に一声かけて、一緒に考えて、解決していこうと思っていただけたらいいなと思います」

「いやあ、面白かった!」インタビューを終え、タケ小山満面の笑顔である。

世の中の変化を肌で感じ、自分の問題としてビジネスを進める経営者というのは、どんなジャンルであっても共通してすがすがしい印象を受けるもの。

仕事も子育てもあきらめず、できないことは誰か助けてもらう」という方針で、自らも子育てをしながら会社を盛り上げてきた和田さん。

働くママとしての自己採点を聞いてみたら、80点。残りの20点は今後の伸びしろということだった。

「タスカジ」がこれからどう成長していくのか、5年後、10年後が楽しみだ。



文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast
https://itunes.apple.com/jp/podcast/the-news-maste...

文化放送「The News Masters TOKYO」http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:小尾渚沙(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント