仕事中の喫煙NGで売上高日本一。“バスケ界の革命児”の経営ルール

357be3a9 3640 4def 8229 43e333936dd7

バスケットボールのB.LEAGUE(Bリーグ)が2年目のシーズンに突入。
経営破綻寸前の弱小チームだった千葉ジェッツ(当時)をわずか5年で再生させ、「売上高」「観客動員数」「成績」で日本一を成し遂げた千葉ジェッツふなばしの社長で、Bリーグの副チェアマンでもある島田慎二氏。

一時は、選手もスタッフも希望が持てず負の連鎖が続き、もがくなかでなんとチームの銀行口座の残高は数百円になったことも。

島田社長の描いた戦略的ストーリーは、打倒!トヨタ”を旗頭にしてスポンサー集めに奔走。ある程度の資金力がつくと魅力的な選手を獲得し、機が熟したところで一気呵成に攻めるということだった。

今回は、島田社長のマネジメント術やバスケットボール界の未来についてタケ小山が聞いた。

千葉ジェッツふなばし社長・島田慎二氏

島田流マネジメント術

“就業時間中の喫煙はダメ。だらだらするな。毎朝雑巾がけしろ。来客があれば立ち上がって挨拶しろ”など、千葉ジェッツふなばしの運営には細かいルールがいろいろとある。

「ビジネスマンの1日の労働時間の約3割が何かを探していると言われているんです。整理整頓されていないと無駄な時間を費やすことになるので、そこはうるさく言っています」

生産性を上げるにはどうしたら良いかという経営者目線で考えた際、島田社長はまず整理整頓であると考える。その結果、新たな効果も生まれた。

「以前は生きるか死ぬかという状況だったが、たった数年でチームは強くなり、財政も改善された。スタッフ達も一歩間違えると調子に乗ってしまうので、当初の謙虚さを忘れさせないためにも、膝をついて雑巾がけするのは必要だと改めて感じた」と言う。


では、「禁煙令を出したことで社内から反発はありませんでしたか?」とタケ小山。

「タバコを吸う時間を計ったところ1本で約5分。1日10本だとすると50分。1週間で250分となり、年間にすると11日位の休暇になっているんです。ウチの有給休暇が10日だから、吸わない人からすれば不平等だろう」

島田社長はホワイトボードを使って説明したそうだ。最初は不満たらたらだった愛煙家の社員たちも納得した。

「根拠なく頭ごなしにタバコはダメ!と言えば不満もでるが、短い労働時間で生産性を生み出し、結果が出せれば、給料も出す。それに健康にもいいじゃないかと。きちんと伝えれば理解してもらえるんです」


島田社長はスポーツビジネスの悪い方の一面にも言及する。

「バスケットボールが好きでこの世界に飛び込んできている人たちが多いので、長時間労働の上に休みも無くて、しかも薄給というのを良しとしているような風潮がある。

これこそスポーツビジネスがやりがい搾取と言われる温床となっているので、なんとかぶち壊したいと思っているんです」

残業を無くして、且つ日本一強くて観客を呼べるチームにする。そうすれば必然的に給料もアップする。スタッフと一緒にその究極の目標を達成するための改善なのだ。

島田流マネジメント術は細かいルールの中に宿っていた。

“島田塾”とは

Bリーグ各球団の代表が自主的に集まって開催される勉強会『島田塾』。島田社長が千葉ジェッツふなばしで積み上げてきたノウハウを他のチームの代表にも包み隠さず教えてしまうのだそうだ。

敵に塩を送るような勉強会が誕生したのは、各チームの代表達と飲んでいる席で島田社長がブチ切れてしまったことによる。

翌日、アグレッシブに行き過ぎたと反省した島田社長は「ダメ出しだけなら誰でもできるから、そんなことを言う以上は、自分が持っているものを全部伝えたいので一度会いませんか」と申し出た。

すると、是非!ということになり、せっかくの機会なので2人だけではなくBリーグB2のチームに声をかけると10チーム程の代表が集まった。こうして秘密の勉強会がスタートした。


その後、観客動員が増えたチームが出てきて、それが噂となって広がり、B1のチームからも勉強会をして欲しいということになって今に至っている。

現在、観客動員数1位の千葉ジェッツふなばしだが、島田塾のノウハウを身に付けた他のチームに抜かされることもあるだろう。

島田社長は「それはそれでいいと思っています。そもそも地場産業の事業規模はたかが知れているので、結局産業が発展しない限りは本当の恩恵は受けられないんじゃないかと。

日本全国で盛り上がって、もっと大きなお金がバスケットボール界に入って来て、ダイナミックになってこそ、大きな恩恵が千葉ジェッツふなばしにもくるんじゃないかと思ってやっています」

千葉ジェッツふなばしの経営理念は『オールハッピー』。

ジェッツに関わる人みんなが幸せになれる方法を模索し続けることだそうだ。

バスケットボール界の未来

千葉ジェッツふなばしの社長でありながら、Bリーグの副チェアマンでもある島田慎二氏に、まずは「千葉ジェッツふなばしの未来はどうあるべきか?」とタケ小山が尋ねた。

「この6年間はベンチャーだと思ってやってきた。勢いよく伸びてきたので何れは成長痛みたいなこともあるだろう。

これからはファンとのコミュニケーションの質、チームの質、エンターテインメントの質など、その時にできる経営資源全てを使ったMAXの質向上のたゆまぬ努力を続けるような球団にしていきたい」


続いて、日本のプロバスケットボールの未来について訊いた。

「オリンピックや世界大会での勝ち負けは盛り上がりには重要だが、そこを超越した地場産業の集積体のような、Jリーグやプロ野球とは違う新たなスポーツの産業を創り出せるポテンシャルはあると思っています」

経営者の目で6年間携わってきた島田社長は、バスケットボール界の未来は個人的にも魅力的だと感じている。

「ただ、これまではポテンシャルあるある詐欺みたいな歴史もあったので、最初で最後のチャンスだと思っています。ここをちゃんと切り拓けるようにみんな努力しています」

最後に「島田社長の未来は?」チェアマン就任も期待される島田社長にタケ小山がズバリ斬り込んだ。

「正直あまり考えていないんです。何かをやりたいとか、次はあれがしたいとかは純粋にないんですよね」と意外な答えが返ってきた。

そこには島田社長の人生観があった。

「やりたいことって、やりたくなくなったらやめられるでしょう。モチベーションを保ち続けるのは結構大変なんですよ。

だけど、人から頼まれたものは頑張らなければというモチベーションが続くんです。やりたい、やりたくない、ではなく、約束したことを果たす、義理というか義務がエネルギーの原点になるんです」


野心に溢れていた30代での失敗がその後の生き方、考え方を変えたのかもしれない。

「今後もこういう生き方をしていくと思う。必要とされて、それがいいかどうかピュアな目で判断して、いいと結論できれば都度都度決断していくんじゃないかと思います」

Bリーグが活性化して発展を遂げるためには島田社長のような人物が必要だと思われる。

プロ野球、Jリーグに続くようなプロスポーツリーグにしていただきたい。


文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast
https://itunes.apple.com/jp/podcast/the-news-maste...

文化放送「The News Masters TOKYO」http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:小尾渚沙(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント