入会のお申込み

IPO・M&A ACADEMYへの入会をご希望の方は、以下のフォームよりお申込みをお願いいたします

  • 入会資格は経営者および取締役以上の方に限定させていただいております。
  • また、申し込みに際し一定の審査基準を設けております。
  • 営業目的のご入会、および当社が不適切と判断した方には入会をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

*は必須項目となります。

会社情報

会社名 *
会社名(フリガナ) *
事業内容 *
所在地 *
電話番号 *
URL
設立年 西暦
従業員数 *
資本金 万円

お申込者様情報

氏名 *
氏名(フリガナ) *
性別 *
生年月日 * 西暦
役職 *
メールアドレス *
携帯電話番号
備考

ご紹介者様の情報

氏名
会社名

アンケート

ご興味のあるコンテンツは?(どれか一つ選択) *

IPO・M&A ACADEMY 規約・個人情報の取り扱いについて

IPO・M&A ACADEMY 規約

第1章 総則

(名称)
第 1 条 本会は、「IPO・M&A ACADEMY」と称する。

(事務所)
第 2 条 本会は、主たる事務所を東京都港区に置く。

(目的)
第 3 条 本会は、各企業の成長及び拡大を加速させる具体的な手法を提供し、各経営者が自社にとって最良の選択をすることができる道標たる存在となることを目的とする。

(運営の原則)
第 4 条 本会は、特定の個人又は法人その他の団体の利益を目的として、その事業を行ってはならない。
2 本会は、特定の政党のために活動してはならない。

(事業)
第 5 条 本会は、第 3 条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)IPO、M&Aを果たすうえで必要な知識の習得の機会の提供
(2)IPO、M&Aを経験した経営者及びこれらを志望する起業家との間のネットワーク作りの支援
(3)経営者同士の成長意欲の糧となる気付きの場及び互いを分かち合う場を提供し、もってビジネス機会の創出を実現すること
(4)前各号に掲げるほか、当法人の会員の交流及び福利厚生に関する事業
(5)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

第2章 会員

(会員)
第 6 条 本会の会員は、本会の趣旨に賛同するもので、アドバイザーの紹介および理事会により承認された者とする。なお、承認されなかった場合の事由等は一切開示しないものとする。

(入会)
第 7 条 会員として入会を希望する者は、本会の指定する方法により入会申し込みを行い、理事会の承認を得なければならない。

(会費)
第 8 条 会員は、本会の運営及び活動の実施に要する経費を負担しない。本会の運営及び活動の実施に要する経費を別に定める寄付や協賛金にて賄うものとする。

(有料動画コンテンツの利用申込み、支払い)
第 9 条 会員は、申込みフォームへの必要事項入力等、本会がウェブサイトで指定する方法により、本サービス利用契約の申込みを行うものとする。
2 利用者は、指定された方法(クレジットカード払い)、期限を遵守して、本サービスの利用料金を支払うものとする。
3 本会は、利用者が本規約に基づいて支払った利用料金は、理由の如何を問わず、いかなる場合も返金は不可。
4 利用料金支払い後の本サービスの返品・キャンセルは不可。 

(会員の権利及び義務)
第 10 条 会員は、この定款に定めるもののほか、本会の目的達成に必要なすべての事業に参加する権利を平等に享有する。
2 会員は、この定款その他諸規則を遵守するとともに、本会の目的達成に必要な事業に協力する義務を負う。

(反社会的勢力等の排除)
第 11 条 会社及び関係会社の役員(当該役員の配偶者及び二親等内の親族を含む。以下「役員等」という。)又は 主な株主(取引所に上場していない会社の場合は全株主)及び取引先等がいかに該当している場合、又は該当するに至った場合の入会は認めない。また、既に会員であったときは、会員の資格は直ちに剝奪されることとする。
(1)反社会的勢力、又はこれに準ずる者(以下「反社会的勢力等」という。)であること。
(2)資金提供その他の行為を行うことを通じて反社会的勢力等の維持、運営に協力もしくは関与していること。
(3)意図して反社会的勢力等と交流を持っていること。
2 前条又は前項の規定により会員が会員資格を喪失した場合、既納の寄付金及び協賛金は返還されないものとする。

(退会)
第 12 条 会員は、理事会が別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。。
2 退会者があったとき、理事長は理事会に報告しなければならない。

(会員資格の喪失)
第 13 条 会員が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1)退会したとき
(2)成年被後見人又は被保佐人になったとき
(3)死亡し、又は失踪宣言を受けたとき
(4)法人又は団体が解散したとき
(5)総会員が同意したとき
(6)除名されたとき
2 本会は、会員がその資格を喪失しても、既納の寄付金及び協賛金、その他の拠出金品は、これを返還しないこととする。

(除名)
第 14 条 会員が次の各号のいずれかに該当する場合、理事長はその会員を除名することかができる。

(1)この定款又は諸規則に違反したとき
(2)本会の名誉を毀損し、又は目的に反する行為をしたとき
(3)その他除名すべき正当な事由があるとき

(休会)
第 15 条 会員がやむを得ない事情により長期間各種事業、会議に出席できないときは、理事会が別に定める休会届を理事長に提出し、理事会の承認を得て、休会することができる。

(会員資格喪失に伴う権利及び義務)
第 16 条 会員が第 1 条の規定によりその資格を喪失したときは、本会に対する会員としての権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることができない。

第3章 役員等

(役員)
第 17 条 本会には、次の機関を置く。

(1)社員総会
(2)理事

(選任等)
第 18 条 監事は、会員中、理事の推薦を受けたものから、理事会においてその決議により選出する。また、理事会は監事をその決議により解任することができる。
2 理事長、名誉理事、副理事等は、理事会においてその決議により選出する。また、その決議により解任することができる。

(理事長)
第 19 条 理事長は、会務を執行し、理事会を組織し、また本会を代表する。
2 理事長が欠けたときまたは、事故その他、理事長の職務を行えない事由があるときは、理事長の定める順序に従い理事がその職務を代行する。

(理事会)
第 20 条 理事会は、理事をもって構成し、本会則に定める事項その他本会の運営に関する重要事項を決定する。
2 理事長は、定期的に、かつ必要に応じて理事会を招集し、議長を務める。
3 理事の 3 分の 1 以上の者が、会議の目的たる事項を示し理事会の開催を請求したとき、理事長は、2 週間以内 に理事会を招集しなければならない。
4 理事会において、出席した理事の過半数をもって決する。
5 理事会は議事録を作成し議長及び出席者 2 名が署名または記名捺印する。

第4章 運営

(運営の資金及び資金使途)
第 21 条 本会は、会員からの寄付金、協賛金並びに事業及び財産から生ずる収入その他の収入により運営する。また、運営資金は理事会において出席理事の 3 分の 2 以上の同意をもって、資金使途を決定することができる。

(運営事務局及び施設)
第 22 条 本会において、運営事務局を南青山リーダーズ株式会社に委託し、その運営事務局費用ならびに南青山リーダーズ株式会社の所有施設等の利用料は別途定めるものとする。
2 理事会は、その決議により本会の運営施設の利用、その他の事項につき、個別的な利用規定を定めこれを改廃し、その他、運営・利用の方法等について決定を行うことができる。

(免責)
第 23 条 本会の目的および事業以外での会員間のトラブル等については、本会は免責されるものとし会員間で、解決するものとします。

第5章 会計

(監査及び承認)
第 24 条 監事は、本会の会計を監査する。
2 決算は、監事の監査を受け、理事会の決議により承認を得なければならない。

(会計年度)
第 25 条 本会の会計年度は、毎年7月1日から翌年6月20日迄とする。

第 6 章 規約の変更及び解散

(規約の変更)
第 26 条 本会則は、理事の過半数の出席がなされた理事会において、出席理事の3分の2以上の同意により、理事会の決議がなされなければこれを変更することができない

(解散)
第 27 条 本会は、理事の3分の2以上の同意により理事会の決議がなされなければ解散することはできない。
2 前項により、解散がなされた場合、本会の正味財産すべての取扱いを、理事長に一任することとする。

プライバシーポリシー

南青山アドバイザリーグループ(南青山税理士法人/南青山FAS株式会社/南青山リーダーズ株式会社/一般社団法人 IPO・M&A ACADEMY。以下あわせて「当グループ」といいます。)は、当グループが取り扱う個人情報を適切に管理運用するために遵守するべき基本的事項として、本プライバシーポリシーを定めます。

1.法令・規範の遵守

当グループは、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を、常に最新の状態に維持するとともに、これを遵守します。

2.個人情報の取得及び利用目的と範囲

当グループが個人情報を取得する際には、その利用目的を明らかにして、必要な範囲で取得します。また、同意を得た利用目的の範囲あるいは法令・規範に基づく要請の範囲を超えた利用、取扱いの委託は行いません。

3.適切な情報管理の徹底

(1)当グループは、個人情報の管理者を任命し、個人情報の不正利用・紛失・破壊・改ざん及び漏えいに対し、適切な予防並びに是正に関する措置を講じます。また、全ての就労者に対し、「個人情報の取り扱い」についての教育訓練を行い、適切な管理に取り組みます。なお、企業情報についても個人情報と同様に適切な管理をいたします。

(2)当グループは、個人情報を守秘し、利用目的等の範囲を超える取り扱いを行わないよう、適切に管理します。また、利用目的等の範囲に基づき、社外と個人情報の授受を行う場合には、厳格な管理の下で取り扱います。

4.個人情報保護マネジメントシステムの確立と継続的改善

(1)当グループは、個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスク(以下「情報漏えい等リスク」といいます。)に対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、情報漏えい等リスクが発生した又はそのおそれのある場合には速やかに是正措置を講じます。

(2)当グループは、個人情報の適切な取扱いを行うよう、規程類および体制を整備して、個人情報保護マネジメントシステムを構築・実施し、これらを継続的に改善してまいります。

5.個人情報の相談・苦情対応

当グループは、個人情報に関する苦情・相談窓口(末尾記載)を設置し、個人情報に個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対して、迅速かつ誠実に対応します。また、開示対象個人情報については、ご本人からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加、削除、利用の停止、および第三者への提供の停止要請を受け付け、合理的に対処いたします。

【プライバシーポリシーに関するお問い合わせ先 兼 個人情報に関する苦情・相談窓口】

(郵送の場合)
〒107-6030 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル30F
南青山アドバイザリーグループ(南青山税理士法人/南青山FAS株式会社/南青山リーダーズ株式会社/一般社団法人 IPO・M&A ACADEMY)

(電子メールの場合)
メールアドレス:[email protected]
※特定電子メールはご遠慮ください


(電話の場合)
TEL:03-6459-1672

(受付時間 9:00~18:00)