スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト
開催終了

M&A、企業再編等における無形資産の評価実務

本セミナーでは、大手企業の無形資産の評価を実際に手掛けている実務家の観点で、無形資産の現行制度について解説するとともに、無形資産の評価をケーススタディとして実施いたします。

■プログラム
①はじめに
②無形資産の現行制度(日本基準とIFRS)の概要
③M&A、企業再編等による無形資産の取得方法
④無形資産と税法・会社法
⑤無形資産の評価の進め方
⑥無形資産の識別と分類
⑦無形資産の評価手法
⑧無形資産の近時の事例分析
⑨無形資産評価のケーススタディ
⑩おわりに

—————————————————————————–

講師:仙石 実 公認会計士・税理士

開催日時:2018/1/25(木)13:30~17:30
会場:株式会社プロネクサス 本社事業所
対象:経理財務、経営企画、総務法務部門の担当役員、実務責任者、担当者

—————————————————————————–

日程

このセミナーは開催を終了しています。

講師プロフィール

CEO 公認会計士/税理士

仙石 実

南青山税理士法人 CEO 公認会計士/税理士

2002年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に入所。 東証一部上場企業等の各種法定監査業務、株式公開支援業務、外部向け研修サービスに従事。 2013年 「専門性」「誠実性」「迅速性」を経営理念とし、南青山FAS 株式会社、南青山税理士法人から構成される南青山グループ(現 南青山アドバイザリーグループ)を設立。 上場・非上場を問わず多数の取引先の会計税務支援のみならず、IPO、M&A、事業承継のコンサルティング業務において1000件以上の実績を有する。 2020年 日本を代表する会計事務所を表彰する「ベストプロフェッショナルファーム2020」にも選出。 <主な著書> 「人生を変えるお金の話」(アチーブメントグループ代表 青木氏共著)、「(立場別・ステージ別)ストック・オプションの活用と実務(第2版)」(共著、中央経済社)「旬刊経理情報 No.1293/IFRS適用が与える税実務への影響〜有形固定資産の減価償却と無形資産の償却」(中央経済社)など

主催

セミナーの詳細情報

セミナータイトル
M&A、企業再編等における無形資産の評価実務
主催者
株式会社プロネクサス
対象
経理財務、経営企画、総務法務部門の担当役員、実務責任者、担当者
場所
株式会社プロネクサス 本社事業所
東京都港区海岸一丁目2番20号 汐留ビルディング 5階 (2階ロビーフロアよりエレベーターをご利用ください)

■JR山手線・京浜東北線     浜松町駅  北口より徒歩3分
■都営地下鉄 大江戸線・浅草線  大門駅 B1出口より徒歩3分 アクセス
参加費用
24,840円(本体価格23,000円)
お支払い方法
銀行振込
定員
40名

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント

local_post_officeこのセミナーに申し込む