開催終了

ストック・オプション活用の実務~ 有償・無償・日本版ESOPなど近時の事例を踏まえて解説 ~

新株予約権制度の基礎的な概念や、近時の事例分析に基づくストック・オプションの活用方法を中心に、会計・税務の処理や開示項目等の実務上の留意点も交えて解説いたします。また、実務家の視点で解説することで、ストック・オプションに関する体系的な理解を深めるとともに、実務で役立つ知識を習得することができます。

■プログラム
①はじめに
②ストック・オプションの概要
③ストック・オプションの会計・税務
④発行手続と開示
⑤新株予約権の新たな活用法
⑥その他
⑦事例分析に基づく戦略的活用法
⑧おわりに

-----------------------------------------------------------------------------

講師:仙石 実 公認会計士・税理士

開催日時:2018/3/20(火)14:00~17:00
会場:株式会社プロネクサス 本社事業所
対象:経理財務、経営企画、総務法務部門の担当役員、実務責任者、担当者

-----------------------------------------------------------------------------

日程

このセミナーは開催を終了しています。

講師プロフィール

CEO 公認会計士/税理士

仙石 実

南青山税理士法人 CEO 公認会計士/税理士

2002年、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に入所。国内第2番目となる国際財務報告基準(IFRS)任意適用会社の監査及び助言指導業務、東証一部上場企業等の各種法定監査業務、株式公開支援業務、外部向け研修サービスに従事。 2011年、コンサルティングファームにパートナーとして参画。事業会社、銀行等の組織再編における会計・税務アドバイザリー業務に従事。 2013年、南青山FAS株式会社、南青山税理士法人の代表に就任。 現在は、上場・非上場を問わず多数の取引先の会計税務支援サービスのみならず、M&Aにおけるバリュエーション業務、デューデリジェンス業務に従事している。知的財産教育協会や各種実務セミナーの講師としても活躍中であり、豊富な実務経験を活かした実践的でわかりやすい講義には定評がある。 <主な著書> 「(立場別・ステージ別)ストック・オプションの活用と実務(第2版)」(共著、中央経済社)「旬刊経理情報 No.1293/IFRS適用が与える税実務への影響〜有形固定資産の減価償却と無形資産の償却」(中央経済社)など

主催

セミナーの詳細情報

セミナータイトル
ストック・オプション活用の実務~ 有償・無償・日本版ESOPなど近時の事例を踏まえて解説 ~
主催者
株式会社プロネクサス
対象
経理財務、経営企画、総務法務部門の担当役員、実務責任者、担当者
場所
株式会社プロネクサス 本社事業所
参加費用
21,600円(税込)

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント

local_post_officeこのセミナーに申し込む