スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト
開催終了

事業・設備投資の採算評価と意思決定のための管理会計の実務 ~事例演習で学ぶ 会計を活用した意思決定プロセス~

管理会計をツールとして、企業行動を客観的に数値で評価することができ、改善点や目標を明確にすることができます。本講座では、設備投資や新規事業の採算性判断の方法を演習により学び、会計をベースに経営判断を行う手法を実践的に習得します。

■プログラム

1.経営意思決定を戦略的に行う方法
1)意思決定とは何か
2)変動費と固定費
3)埋没原価と機会原価
4)外注に依頼すべきかどうかの意思決定
5)追加受注すべきかどうかの意思決定
6)事業を撤退すべきかどうかの意思決定
7)価格を値下げすべきかどうかの意思決定

2.設備投資と新規事業の採算性判断実務
1)長期的な投資の意思決定には何が必要か
2)投資の経済効果とキャッシュ・フロー
3)投資の経済性計算の方法
4)回収期間法
5)投下資本利益率法
6)正味現在価値法
7)内部利益率法

3.企業価値を評価するための具体的手法
1)事業価値、企業価値及び株式価値
2)評価アプローチの体系
3)資本コスト
4)DCF法による企業価値の測定法
5)その他の企業価値の測定法

4.事例演習
1)新規事業の採算性判断
2)企業価値の測定と投資判断

—————————————————————————–

講師:仙石 実 公認会計士・税理士
開催日時:2018年03月15日(木) 10:00~ 17:00
会場:SMBCコンサルティング 三井住友銀行呉服橋ビル
対象:経営企画、経理・財務、各事業部門等担当者

—————————————————————————–

日程

このセミナーは開催を終了しています。

講師プロフィール

CEO 公認会計士/税理士

仙石 実

南青山税理士法人 CEO 公認会計士/税理士

2002年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に入所。 東証一部上場企業等の各種法定監査業務、株式公開支援業務、外部向け研修サービスに従事。 2013年 「専門性」「誠実性」「迅速性」を経営理念とし、南青山FAS 株式会社、南青山税理士法人から構成される南青山グループ(現 南青山アドバイザリーグループ)を設立。 上場・非上場を問わず多数の取引先の会計税務支援のみならず、IPO、M&A、事業承継のコンサルティング業務において1000件以上の実績を有する。 2020年 日本を代表する会計事務所を表彰する「ベストプロフェッショナルファーム2020」にも選出。 <主な著書> 「人生を変えるお金の話」(アチーブメントグループ代表 青木氏共著)、「(立場別・ステージ別)ストック・オプションの活用と実務(第2版)」(共著、中央経済社)「旬刊経理情報 No.1293/IFRS適用が与える税実務への影響〜有形固定資産の減価償却と無形資産の償却」(中央経済社)など

主催

セミナーの詳細情報

セミナータイトル
事業・設備投資の採算評価と意思決定のための管理会計の実務 ~事例演習で学ぶ 会計を活用した意思決定プロセス~
主催者
SMBCコンサルティング
対象
経営企画、経理・財務、各事業部門等担当者
場所
SMBCコンサルティング 三井住友銀行呉服橋ビル
参加費用
33,480円(税込)

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント

local_post_officeこのセミナーに申し込む