「投資先」としてのハワイの魅力。

(写真=SvetlanaSF /Shutterstock)

東京五輪開催も控え、都内では再開発もたけなわですが、将来は人口減少や膨大な財政赤字など懸念要因を抱える日本で、資産形成という視点で長期的に見た場合、円建て資産への集中投資はリスクが高いと不安を抱く人は多くいます。

為替リスクの観点から考えても、資産の一部を海外に分散することは、資産防衛策となり得ます。安定性を重視するなら、変動の振れ幅が大きくなりがちな新興国などの通貨よりも、やはり世界の基軸通貨・米ドル建てでの投資が第一候補となるでしょう。

今、日本の投資家たちの間では、ドル建て資産の中でも安全性が高いと目されるハワイの不動産投資に注目が高まっています。ホノルル不動産協会のデータによれば、ハワイのコンドミニアムの中間価格は過去30年間で3倍前後にも上昇しているといわれております。

世界的なリゾート地として人気の高いハワイは、山が多い島という土地柄のため住宅供給が限定的で、かつ人口増加で賃貸需要が高いため、空室リスクも低いと見ることができます。また、最大の人口を誇るオアフ島は、観光客が常に集中する傾向にあり、日本人観光客も150万人を超え、ホテル稼働率も好調と言われております。人気が高いのに供給過多になりにくいという性格はそれだけでも注目に値しますが、最近では大規模な再開発が行われており、高品質な新築コンドミニアム群や新交通機関の建設などによって将来性もさらに楽しみになってきております。

このような魅力的なハワイの不動産マーケットですが、ハワイ不動産投資を行うことでどのようなメリットがあるか、次の4つの点でご説明したいと思います。

まず第一に、ハワイは世界的なリゾート地であり、別荘として自己使用のために所有するだけでなく、利用しない時には賃貸に出すことで収益を狙うこともできます。豊かなリゾートライフと収益が両立できるのがポイントです。

第二に、資産分散先として魅力的な点です。ハワイ不動産を保有することで世界の基軸通貨であるドル資産を自身のポートフォリオに組み込むことができます。ハワイ不動産の価格が安定していることはすでに触れましたが、アメリカ経済全体で見ても、先進国で唯一人口が増加しているハワイの経済は長期的に安定していることが予想されます。つまり、ハワイ不動産投資は資産分散のための投資に適しているわけです。

第三に、中古市場が整備されており、流動性が高く、不動産投資にとって重要な出口が安定している点が挙げられます。ハワイの不動産市場は、中古市場が整備されていますので、流動性が担保されています。また、世界屈指のリゾートであるハワイの不動産は世界中に購入希望者がいるので、売却先が見つかりやすいというメリットがあります。

最後に、減価償却によるタックスメリットです。ハワイの不動産市場では中古物件が取引の中心ですが、たとえ中古物件でも価格に占める建物の割合が高く、それだけ減価償却費が多くなります。つまり、不動産所得で大幅な赤字を計上しやすいのです。高額所得者はその分、所得税や住民税の節税を図ることができます。たとえば木造の場合、新築での耐用年数は22年です。築22年を超えた建物は一律4年( 22年×0・2=4・4年 端数切り捨てで4年)となります。日本で所得の高い人は、ハワイで不動産を購入することにより、大幅に所得税・住民税を軽減できる可能性があるのです。

もともとアメリカの不動産市場は中古物件の流通量が新築を上回るのが通常ですが、ハワイは特にその傾向が顕著です。前述の通り、開発できる土地が少ないためです。そして、日本と大きく異なるのは、築年数が古くなっても建物の資産価値がほとんど下がらないことです。むしろ、立地の良い物件やメンテナンスのしっかりした物件は、値上がりするケースさえあります。ハワイ不動産は大きな値上がりこそ期待できないかもしれませんが、逆に大きな値下がりもしません。中古であっても築年数だけで単純に値下がりするわけではありません。節税効果を享受しつつ、資産価値を維持することができれば、キャッシュフロー上のメリットは非常に大きいのです。

このように、様々なメリットのあるハワイ不動産ですが、海外の不動産を購入するにあたっては日本とは仕組みもリスクも異なるため、現地の事情や法体系・税制に精通した、信頼のおけるガイド&コンサルタント役の専門家が不可欠でしょう。

収益物件の企画・販売および仲介・賃貸関連業務から資産運用コンサルティングまでを一手に手がける事業系の総合不動産会社「ファミリーコーポレーショングループ」傘下の「ファミリーハワイリアルティ」は、ホノルル現地オフィスと東京オフィスによるダブルサポート体制のもと、グループ内の税理士法人による税務コンサルティングまで対応し、ハワイにおける不動産投資支援という専門性の高いサービスを、ワンストップで提供しています。


Family Hawaii Realty ファミリーハワイリアルティ
東京オフィス
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 11F
TEL:03-5537-5668
ワイキキオフィス
2222 Kalakaua Ave, Ste 1408, Honolulu, HI 96815
TEL:808-943-2108
HP:http://family-hawaii.net/

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント