南青山税理士法人

東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル30F

filter_nonehttp://minami-aoyama.jp/

  • 概要
  • 詳細情報
  • 代表者の紹介
  • 基本情報

事務所概要

南青山グループは、南青山FAS株式会社、南青山税理士法人、南青山インサイト株式会社、南青山リーダーズ株式会社の4社で形成されるグループ会社です。 税理士・公認会計士など税務会計の専門家および海外の会計事務所と提携し、ワンストップでクライアントのニーズに対応したサービスをご提供いたします。上場企業から中小企業までの税務顧問として、税務や相続・事業承継の会計税務支援サービスのみならず、BPO、組織再編、知的財産を含む企業価値評価、株式公開、M&Aアドバイザリー等、コンサルティング業務にも対応し、企業経営の課題解決をお手伝いいたします。

事務所詳細情報

■税務コンサルティング

南青山グループでは税理士・公認会計士など税務会計の専門家及び海外の会計事務所と提携し、ワンストップでクライアントのニーズに対応したサービスをご提供します。

国内税務

  • 税務相談
    月次決算、監査、税務申告などの会計顧問、税務顧問業務のみならず、経営課題を解決するためのアドバイスをご提供します。
  • 税務ストラクチャリング
    組織再編、M&Aにおける税務ストラクチャリングについて、高度な税務上の諸問題についてご対応します。

国際税務

  • 国際税務顧問
    親子会社との間の費用負担・海外出稿者給与の取り扱い・海外への支払いに係る諸税金の取り扱いなど、国際税務に関する各種ご相談に対応します。
  • 海外現地法人対応
    海外地域統括会社及び持株会社の設立、現地の優遇税制に対する検討、海外子会社を絡めた事業承継対策などの国際取引について、的確な税務アドバイスをご提供します。

■事業承継サービス

一口に「事業承継」といっても、会社の環境や経営者の考え方により、無数のゴールを描くことができます。我々はまず、丁寧な対話によりお客様にとって最適なゴールを設定します。そして現状分析と対策の検討を経て、円滑な事業承継へと誘導します。

事業承継までの行程

①最適なゴールの検討
細やかなヒアリングを行い、現実と理想を検討した上で最善となるお客様のゴールを設定します。
  ↓
②現状分析
設定したゴールを前提に、会社の財務状況の把握はもちろん、経営者の考え方や人間関係を含めた現状分析を行います。
  ↓
③円滑な事業承継を阻害する問題点の抽出
現状からゴールへの道筋を引く際、障壁となる問題点を漏れなく抽出します。株式の分散や株価の高騰・低落、抵抗株主の存在などがそれに当たります。
  ↓
④各種対策の検討
株式の集約、後継者の決定・育成、株価対策、資金の確保など、我々が積み上げてきた数多くのノウハウの中から適切な対策を検討します。従業員持株会や種類株式、信託など、多種多様なサービスを検討のテーブルに並べます。
  ↓
⑤各種対策の実行
選定された事業承継対策を実行します。経営、税制、法令、金融資産・不動産など、我々の提携先を含めた南青山グループで一丸となり、専門的なサービスをご提供します。
  ↓
⑥事業承継の実行
十分な対策を行い環境を最適化したうえで、現経営者に安心して次世代への事業承継を行っていただきます。

■税務申告

通常の法人税・法人住民税・事業税・消費税申告のほか、あらゆる税務申告に対応します。

■南青山グループが提供する新サービス「セカンドオピニオンサービス」

医療で話題の「セカンドオピニオン」と同じように、顧問税理士の見解以外に別の税理士の意見を求めるのが会計・税務における「セカンドオピニオン」です。事業承継・M&Aなどオーナー企業の検討課題が多様化・複雑化する中、どのような対応をされていますか。自社株式の税務上やM&Aにおける評価額は把握されていますか。南青山税理士法人には、各種コンサルティングをはじめとする充分な知識と能力を持った税理士が在籍しています。現在の税理士とのお付き合いはそのままに、有能な専門家をプラスアルファの味方につけませんか。
数多くの実績を挙げる南青山税理士法人の「セカンドオピニオン」を是非ご活用ください。

代表者の紹介

CEO 公認会計士/税理士 仙石 実
仙石 実

CEO 公認会計士/税理士

2002年、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に入所。国内第2番目となる国際財務報告基準(IFRS)任意適用会社の監査及び助言指導業務、東証一部上場企業等の各種法定監査業務、株式公開支援業務、外部向け研修サービスに従事。 2011年、コンサルティングファームにパートナーとして参画。事業会社、銀行等の組織再編における会計・税務アドバイザリー業務に従事。 2013年、南青山FAS株式会社、南青山税理士法人の代表に就任。 現在は、上場・非上場を問わず多数の取引先の会計税務支援サービスのみならず、M&Aにおけるバリュエーション業務、デューデリジェンス業務に従事している。知的財産教育協会や各種実務セミナーの講師としても活躍中であり、豊富な実務経験を活かした実践的でわかりやすい講義には定評がある。 <主な著書> 「(立場別・ステージ別)ストック・オプションの活用と実務(第2版)」(共著、中央経済社)「旬刊経理情報 No.1293/IFRS適用が与える税実務への影響〜有形固定資産の減価償却と無形資産の償却」(中央経済社)など

南青山グループとして、南青山税理士法人、南青山FAS株式会社、南青山リーダーズ株式会社、南青山インサイト株式会社を運営しております。それぞれの取り組みとしましては、南青山税理士法人は、法人・個人向けの税務支援業務、いわゆる会計顧問として富裕層向けの節税のご提案、事業承継のご提案等をしております。南青山FASは、M&Aの仕事が中心で、FAの業務や財務デューデリジェンス、バリエーションのほか、株式公開支援等をしております。また、南青山リーダーズは「リーダーズオンライン」、南青山インサイトは「INSIGHT NOW!」というメディアを運営しております。南青山グループは、公認会計士・税理士の専門家集団として、専門性、迅速性、誠実性を企業理念とする組織であることが特徴になります。

事務所基本情報

所属資格者数

公認会計士

17名

税理士

15名

local_post_office南青山税理士法人にコンタクトを取る