齋藤和也公認会計士事務所

東京都港区高輪3-25-29

filter_nonehttp://ks-cpa.jp

  • 概要
  • 詳細情報
  • 代表者の紹介
  • 基本情報

事務所概要

創業から株式公開まで、スタートアップ企業に対し、会計を中心にトータル的にサポート

事務所詳細情報

株式公開業務
中期計画、資本政策の作成、株価算定(財務デューデリジェンス含む)、ストックオプションの設計、監査対応(経理や内部統制)、証券会社対応

財務コンサル
中期計画の作成を通じ、経営の見える化をサポート、業務改善サポート

仮想通貨関連
仮想通貨に関する相談、仮想通貨関連事業への進出支援

資金調達支援
日本政策金融公庫、各種金融機関からの借り入れのサポート、一部助成金や補助金も対応可能


代表者の紹介

公認会計士 齋藤 和也
齋藤 和也

公認会計士

2009年4月、あらた監査法人(現 PwCあらた有限責任監査法人)入所。財務アドバイザリー部に所属。 メガバンクで初の国際財務報告基準(IFRS)によるニューヨーク証券取引所(NYSE)上場プロジェクトに従事。 メガバンクのグループ会社に対するIFRS導入支援、連結納税導入支援、海外会社の買収のためのデューデリジェンスなどに従事。 2015年9月、株式会社SELTECH(ITベンチャー)に経営企画マネージャーとして入社。IPO準備業務全般を担当。 2016年9月、個人事務所を開業。IPO支援業務をメインに、財務デューデリジェンスやICOアドバイザーを実施。 2017年11月から中小企業に対し営業、業務管理支援を行っている株式会社パッショントラストにシニアコンサルタントとして参画。

通常の会計・税務顧問は引き受けず、ベンチャー企業の起ち上げからIPOまでの支援をメインにサービスを提供。
ベンチャー企業で管理部の経験があるため、管理部の人からの評価は高い。IPOに必要な中期利益計画の作成から、予算実績管理、分析を得意としている。とくに企業のKPIを細かく設定し、IPOに限らず経営管理に必要な数値の見える化を得意としている。
また、ソーシャルベンチャーへの支援にも力を入れている。
マーケティングに長けている会社とアライアンスを組んでおり、事業再生も行っていく予定。

事務所基本情報

所属資格者数

公認会計士

1名